レゴランド名古屋で身長制限や年齢制限があるアトラクション!身長別に紹介!

スポンサードリンク

名古屋のレゴランドジャパンは2歳から12歳までのお子様とその家族が楽しめるテーマパークとなっています。

子供向けのアトラクションが中心で、身長制限があるアトラクションが多いので事前にチェックしてからお出掛けすることをおすすめします。

ただ付き添いがあればOKな乗り物もたくさんあるので、そこは一安心。

今回は名古屋のレゴランドの身長制限のあるアトラクションを身長別にわかりやすく紹介したいと思います。
まずはお子さんの身長を把握して、どのアトラクションが乗れるか乗れないかチェックしていってくださいね。

スポンサードリンク

レゴランド名古屋で身長制限あるアトラクションは多い

レゴランドランド名古屋は3歳から12歳は5300円の子供用チケットが必要となっています。

子供が楽しめるテーマパークだけ3歳から有料なんですね。

ちなみにディズニーリゾートの1デーパスポートは4~11歳で4800円となっているので、レゴランドの方が高い設定となっています。

家族で行ったら結構な金額になってしまうので、小さな子供でも楽しめるのかが気になりますよね。

調べてみると確かに子供向けのアトラクションが多いのですが、アトラクションごとに細かく身長制限がされています。

「並んでいたのに身長が足りなくて乗れなかった」ということのないように、事前にチェックして効率よく回れるように計画を立てるといいかと思います。

パッと見てわかる身長制限あるの乗り物の一覧!

レゴランド 名古屋 身長制限

名古屋のレゴランドでは大きく分けてこの5つに分けられます。

身長・年齢別の5つの条件

①付き添い有で身長に関わらず誰でも乗れるアトラクション

②90㎝以上で付き添いがあれば乗れるアトラクション

③100・105㎝以上で付き添いがあれば乗れるアトラクション

④120㎝以上で付き添いがあれば乗れるアトラクション

⑤年齢制限があるアトラクション

付き添いがあれば乗れるアトラクションがほとんどですが、細かく身長制限がされているのでご注意ください。

それでは乗り物の簡単な紹介と身長別に乗れるアトラクションを紹介していきます。

乗り物に関しての情報が少ないので、世界ですでにオープンしているレゴランドの動画を参考にしてみてくださいね。

海外のレゴランドと全く一緒ではないかもしれませんが、ネタバレになってしまいますので行ってから楽しみたい方は動画はスルーでお願いします。

動画は子供が乗れるかどうか行く前の判断材料になると思うので、参考までにどうぞ。

付き添いがあれば身長が何㎝でも乗れるアトラクション

オブザベーション・タワー
(ブリックトピアエリア)

レゴランドジャパンが一望できる展望タワーです。

カラフルで目を引くこのタワーは高さ約50m!

【身長制限】100㎝未満の方は付き添いが必要

ブリック・パーティー
(ブリックトピアエリア)

小さな子供でも安心して楽しめるメリーゴーランドです。

【身長制限】110㎝未満の方は付き添いが必要

ロスト・キングダム・アドベンチャー
(アドベンチャーエリア)

ロスト・キングダム・アドベンチャーは車に乗って古代寺院の遺跡を探検する体験型のアトラクション。

レーザー銃を使って得点を競い合いながら楽しむことができます。

【身長制限】130㎝未満の方は付き添いが必要

■Lost Kingdom Adventure Legoland California

サブマリン・アドベンチャー
(アドベンチャーエリア)

レゴダイバーの一員になって海底の古代遺跡を探検するアトラクションです。

海の底にはレゴブロックで作られた海の生物や遺跡があるので、細かいところまで要チェック!

しかも本物の大きな魚が泳いでいるので驚くこと間違いなしです。

【身長制限】130㎝未満の方は付き添いが必要

■ Atlantis Submarine Legoland Windsor

スプラッシュ・バトル
(パイレーツ・ショアエリア)

スプラッシュ・バトルは水を使ったアトラクションなので濡れる可能性があります。

タオルを持参していくといいですね。

海賊船に乗って水が出る大砲で海賊を狙います。

【身長制限】120㎝未満の方は付き添いが必要

■Splash Battle Legoland California

90㎝以上で付き添いがあれば乗れるアトラクション

イマジネーション・セレブレーション
(ブリックトピアエリア)

レゴランド アトラクション 年齢制限

森永乳業

イマジネーション・セレブレーションは大人気のアイスクリーム「ピノ」とレゴランドがコレボレーションしたアトラクションです。

ハンドルを回すとコーヒーカップのような乗り物で回転する乗り物。

近くでは限定でLEGOのブロックに入った限定のピノを販売されます。

【身長制限】90㎝以上~120㎝未満の方は付き添いが必要

カーゴ・エース
(アドベンチャーエリア)

飛行機に乗ってクルクル回る乗り物です。

【身長制限】90㎝以上~120㎝未満の方は付き添いが必要

■Cargo Ace – Legoland California

マーリン・チャレンジ
(ナイト・キングダムエリア)

車に乗り込むと意外と速いスピードでクルクル回り上下に動きだします。

【身長制限】90㎝以上~130㎝未満の方は付き添いが必要

■Legoland Malaysia Merlin’s Challenge

レスキュー・アカデミー
(レゴ・シティエリア)

こちらでは体を使って消防士の体験をすることができます。

レゴの消防車に乗り込み現場に駆けつけて燃えるビルを力を合わせて消火します。

【身長制限】90㎝以上~120㎝未満の方は付き添いが必要

■LEGOLAND LEGO CITY Rescue Academy MALAYSIA

90㎝以上あれば1人で乗れるアトラクション

ビートル・バウンス
(アドベンチャーエリア)

フリーフォールのような乗り物のお子様向けバージョン。

最大5mの高さまでとなっているので子供でも楽しむことができます。

90㎝未満の方は付き添いがあっても利用することができませんのでご注意ください。

【身長制限】
90㎝以上の方はおひとりでも利用可能
90㎝未満の方は利用することができません。

■Beetle Bounce at Legoland Florida

100㎝以上で付き添いがあれば乗れるアトラクション

シティー・エアポート
(レゴ・シティエリア)

カラフルな飛行機に乗って空をクルクル飛びまわるアトラクションです。

操縦することで上がったり下がったりするので、パイロット気分が味わえますよ。

【身長制限】100㎝以上~120㎝未満の方は付き添いが必要

■LEGO® City Airport @ Legoland Malaysia

105㎝以上で付き添いがあれば乗れるアトラクション

キャット・クラウド・バスターズ
(ブリックトピアエリア)

ロープを使ってテッペンまで上っていくアトラクションです。

【身長制限】105㎝以上~130㎝未満の方は付き添いが必要

ドラゴン・アプレンティス
(ナイト・キングダムエリア)

ドラゴン・アプレンティスは子供向けのジェットコースター。

同じエリアにある「ザ・ドラゴン」は120㎝以上しか乗れませんが、こちらは105㎝以上あれば付き添い有で乗ることができます。

【身長制限】105㎝以上~130㎝未満の方は付き添いが必要

■LEGOLAND Malaysia “Dragon’s Apprentice” roller coaster

アンカー・アウェイ!
(パイレーツ・ショアエリア)

海賊船が前後や左右に動くバイキングのようなアトラクションです。

【身長制限】105㎝以上~120㎝未満の方は付き添いが必要

120㎝以上で付き添いがあれば乗れるアトラクション

スクイッド・サーファー(アドベンチャーエリア)

クイッド・サーファーはジェットスキーに乗り込み、水の上をクルクル回るアトラクションです。

海底からいきなり水しぶきが上がることもあるので、水に濡れるのは覚悟して楽しみましょう。

タオルや着替えがあった方がいいですね。

絶対に濡れたくない方はカッパを着ていくことをおすすめします。

【身長制限】120㎝以上~130㎝未満の方は付き添いが必要

■SQUID Surfer Water Ride at Legoland Windsor

ザ・ドラゴン
(ナイト・キングダムエリア)

ザ・ドラゴンはお城の中を駆け巡るジェットコースターです。

レゴランドでは数少ない絶叫系の1つなので、人気がでるのは間違いなさそうですね。

【身長制限】
120㎝以上~130㎝未満の方は付き添いが必要
195㎝以上の方は利用不可

■The Dragon- LEGOLAND Windsor Resort 2016

年齢制限のある乗り物

ドライビング・スクール
(レゴ・シティエリア)

【対象年齢】6~13歳

ジュニア・ドライビング・スクール
(レゴ・シティエリア)

【対象年齢】3~5歳

付き添いがあれば年齢に合わせて楽しめる

付き添いがあれば年齢に合わせて楽しめるアトラクションがある事が分かりましたね。

今回は身長制限のあるアトラクションを紹介しましたが、それ以外にもレゴランドでは楽しめるエリアがあります。

ミニランドではレゴブロックで日本の都市を再現したレゴの世界観を堪能することができます。

さらにブリックトピアエリアにある「デュプロ・プレー」では大きなサイズのブロックを使って簡単に組み立てられるので、小さなお子様でも楽しむことができそうです。

年齢やお子様のやりたいことに合わせて、どのように回ったらいいのか考えてレゴランドでの一日を満喫してくださいね。

以上、レゴランド名古屋で身長制限があるアトラクションを身長別にして紹介しました。

【関連情報】
レゴランド名古屋の割引券やクーポン券は?チケットを安く購入する方法は?
⇒レゴランド名古屋は大人でも楽しめるアトラクションはある?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. レゴランド 名古屋 周辺 観光
  2. レゴランド 名古屋 持ち込み
  3. レゴランド 名古屋 持ち込み
  4. レゴランド 名古屋 周辺 観光
  5. レゴランド 名古屋 持ち込み
  6. レゴランド 名古屋 持ち込み
  1. この記事へのコメントはありません。

名古屋にオープン!レゴランド・ジャパン

レゴランド 名古屋 
今年注目の新スポット!
名古屋のレゴランド・ジャパン
身長別に乗れるアトラクションのまとめはこちら

プライバシーポリシー