【ダメな私に恋してください】2話の感想とあらすじをチェック!

スポンサードリンク

「ダメな私に恋してください」が始まりましたね~。

初回の視聴率は9.0%。

まずまずのスタートを切りました。

今注目の俳優、ディーンフジオカさんが目当てで

このドラマを見た人も多いみたいですよ。

ディーンさんの演技も賛否両論あるようです。

今回は2話のあらすじをチェックしていきたいと思います。

【ダメな私に恋してください】2話のあらすじは?

1話から急展開でしたよね。

悪酔いしたディーンフジオカさんと深田さんとの、いきなりのキスシーン!

それでは2話のあらすじを見ていきましょう!

酔って寝ていた黒沢(DEAN FUJIOKA)に初キスを奪われたミチコ(深田恭子)は動揺のあまり一睡もできず朝を迎えた。キスの瞬間に黒沢がつぶやいた「春子」という名前に心当たりがないミチコは探りをいれるが、黒沢は聞き間違いだと一蹴する。

ダメな私に恋してください 2話感想

その日の夕方、黒沢は就活に連敗中のミチコに棘のあるアドバイスをし、さらに“就職できたら黒毛和牛をご馳走する”と約束する。翌日、ミチコは求人をだしてもいない便利グッズ会社に直談判。その根性を買われ、販売部長・森(小松和重)は採用を即決する。黒沢のアドバイスと“お肉への欲求”が就職活動を劇的に終わらせた。

ダメな私に恋してください 2話感想

黒沢は、約束どおり喫茶「ひまわり」で就職祝いの黒毛和牛パーティーを開催する。ミチコがお礼を言おうとした瞬間、黒沢が彼女の言葉を遮るように頭を撫でた。ミチコは“このときめきはお肉に興奮しているだけだ”と自分に言い聞かせ平然を装う。

ダメな私に恋してください 2話感想

そこに、春子(ミムラ)が花を持って現れた。ミチコは“彼女が「春子」だ”と初めて認識し、彼女への好奇心を募らせる。

ダメな私に恋してください 2話感想

就職先への出勤当日、ミチコはまたも30歳という現実を思い知らされる。門真由希(佐野ひなこ)や中島美咲(内藤理沙)など周囲の女子社員は全員年下なのだ。数日後、早くもサービス残業を強いられたミチコは、以前「ひまわり」のチラシを拾い集めてくれた好青年・最上大地(三浦翔平)に声をかけられる。

ダメな私に恋してください 2話感想

最上はこの会社の営業マンだったのだ。その彼から、これまでミチコとは何度も偶然会っておりこれは運命だと告げられる。そしてミチコは、人生初のデートに誘われ…。

スポンサードリンク

感想のまとめ

みんなの感想をチェックしてみると、

ディーンフジオカさんの演技評価が2極化していますね。

ディーンフジオカ目当てで観たけれど、正直なんでこんなドラマに出ちゃったんだろう。

その声!そのセリフ回し!西島秀俊さんにそっくり!

演技が棒とか言われてるし、と心配になりましたが、録画を2.3回見ていたら大丈夫!

黒沢主任がカッコイイ!!

アジア圏ではかなり人気があるそうですが、日本ではまだまだこれから。

朝ドラとは全く違ったディーンさんを見られそうですね。

~2話放送後の感想を追記~

・軽い恋愛ドラマは好みじゃないし、出演者も好きな人いなかったけど、二話まで見て面白かった。
一時間があっという間‥はまってしまいました。来週も楽しみです。

・ディーンさんの演技が下手で残念です。
五代様が大好きで、ディーンさんも大好きですが、この演技………残念です。

・2話も見ましたが、キュン死してしまいそうな程、ツンデレ上司素敵じゃないですかぁ!
ディーンさんが素敵過ぎて、眩し過ぎます!

・深キョンがとにかく可愛い!あんな可愛い30歳がモテない訳がない!

何も考えずに笑ってみられるドラマですよね。

キャスティングミスではとの声もありましたが、それほどまでにディーンさんは朝ドラの役がハマっていたんでしょう。

新たな一面を見せたかったのかもしれませんが、あまりにもギャップがありすぎて付いていけないファンもいるみたいです。

原作がマンガなのでやはり女性ウケはいいようですね。

次週も楽しみにしたいと思います。

以上、「ダメな私に恋してください」2話のあらすじと感想についてでした。
↓↓↓「ダメ恋」のキャストもチェック!
ダメ恋(ドラマ)にディーンフジオカが出演!あらすじは?
鈴木貴之がダメ恋で金髪に!彼女のウワサは?英語力と筋肉って?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 稲葉友 MARS
  2. 鈴木貴之 ダメ恋
  3. 飯豊まりえ 藤ヶ谷太輔
  4. いつかこの恋を 9話 ネタバレ
  5. ダメ恋 ディーンフジオカ
  6. 平山浩行 ヒガンバナ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。